議員団の活動報告
平成25年11月11日、田中大輔中野区長に対し、平成26年度予算要望書を提出しました。
画像クリックで拡大表示


中野区長 田中大輔 殿

平成25年11月11日

公 明 党 議 員 団
幹事長 久保 里香
白井 秀史
梁川 妙子
小林 秀明
南  勝彦
平山 英明
小林 善一
甲田百合子
木村 広一

平成26年度 公明党議員団予算要望書

 昨年末の政権交代により、日本経済は景気回復の兆しを見せはじめている。また、2020年東京オリンピックの開催を目指し、国際都市東京の更なる魅力あるまちづくりが進められることへの期待が高まっている。
しかし、国内では未曾有の東日本大震災の爪痕は未だ色濃く、さらに、相次ぐ自然災害や、いつ発生しても不思議ではない首都直下型地震への備えは、我が区としても喫緊の課題と言える。また、来年度は消費税率3%の引き上げによる景気と区民生活への影響にも注視する必要がある。
高度経済成長期に集中的に整備された都市インフラ等の更新需要や、急速に進展する少子、高齢化への対応も急がれる。
公明党議員団として、平成26年度予算編成にあたり、防災対策、高齢者や障害者等の福祉の充実、子育て・教育環境の整備等、暮らしに直結する喫緊の課題を最重要と考え、重点項目として53項目について要望を行うものである。

平成26年度予算要望 53項目

■防災・減災対策
 防災行政無線同報系(地域系含む)のデジタル化による情報周知力の強化など10項目
■まちづくり
 西武新宿線連続立体交差化および沿線のまちづくりの促進など8項目
■教育・子育て支援
 待機児解消のための認可保育園等、保育施設の増設など9項目
■高齢者・障がい者等支援
 介護老人保健施設・特別養護老人ホーム等、入所施設の開設促進など10項目
■医療・健康・福祉
 障害者・生活保護受給者等への就労支援推進・拡充など6項目
■地域支えあい推進
 区有施設、商店会、町会への防犯カメラ設置拡充など3項目
■区内産業振興
 制限付き一般競争入札の継続など5項目
■その他
 中野中央図書館での広告事業スタートなど2項目