議会報告
平成25年 第3回定例会決算総括質疑

木村 広一議員

震災対策

質問

道路沿道建築物の耐震助成の全額助成制度が今年度で終了予定だが、都に延期を要望すべきではないか。

答弁

延期を申し入れるよう考えている。きちんと取り組んでいきたい。

質問

震災で道路が陥没すると、避難や物資輸送に支障を来たす。区指定の路線について路面下の空洞調査を行い、対策を講じるべきではないか。

答弁

26年度の道路ストック総点検の中で実施していきたい。

質問

横浜市のように薬局の医薬品を災害時の循環備蓄にすれば、廃棄物の処理や備蓄負担もなく、適切に管理・供給しやすくなるのではないか。

答弁

十分に参考にしたい。

いじめ対策

質問

インターネットを使ったいじめへの対策として、良い取り組みは他校に紹介・奨励し全校的に取り組むべきでは。

答弁

家庭教育も大切であり、セーフティー教室やファミリールール事業などを確実に保護者に伝えていきたい。

質問

いじめにより傷ついた心のケアも重要だ。悪質ないじめには関係機関が連携して総合力で取り組んでいくべきだが、体制はできているのか。

答弁

学校では担任だけでなく組織として対応するよう取り組んでいる。悪質なケースについては子ども家庭支援センターや警察などの関係機関と連携をして対応に努めていく。

学校の耐震化

質問

第2期教育振興基本計画では、つり天井やバスケットゴールなどの非構造部材は平成27年度までの完了を目指すとしている。改修はいつか。

答弁

総点検を行い、その結果を踏まえて実施していく。

(仮称)本町五丁目公園整備

質問

運動広場ゾーンの駐輪スペースは20台であり、反対側のゾーンには設置の予定がないが、今でも駐輪が多い状態である。整備してはどうか。

答弁

両ゾーンに駐輪スペースを一定程度確保できるようにしていきたい。

質問

ウレタン樹脂やゴムチップ舗装など足に負担のない道を整備し、距離の表示をするなどウォーキングしやすいようにしてはどうか。

答弁

検討していきたい。