議会報告
平成25年 第4回定例会一般質問

小林 秀明 議員

ハローワークで保育士確保を

質問

国の推計では、2017年度末に保育の需要がピークを迎え、保育士の確保も大きな課題となる。
(1)保育士資格を持つ求職者に対して、複数の保育所による合同説明会を開催するなど、ハローワークと連携して人材確保を積極的に推進しては。
(2)求人しても応募のない保育所に対して雇用条件などの見直しの助言や相談ができる機会を設けては。

区長

(1)私立保育園と連携して合同説明会は実施している。開催情報をハローワークに提供して人材確保に繋(つな)げたい。
(2)相談・援助にハローワークが保育所へ出向くことを各保育所に情報提供したい。

高齢者の見守りを強化せよ

質問

携帯メールなどの機器を活用して、遠方の家族や親戚が安否を確認できる民間のサービスが普及してきた。区のホームページに電子機器などによる高齢者の見守り・安否確認サービス実施企業一覧を掲載して見守り強化に繋げては。

区長

電子機器を活用した高齢者の見守り・安否確認は有効と考える。サービス提供企業の情報をホームページで掲載することを検討したい。

認知症の早期発見に取り組め

質問

認知症早期発見・早期診断推進事業を新たに都が開始する。区として認知症の早期発見を促す広報物の配布や自己チェックシートを作成しては。

区長

見守り活動を行う対象者ごとに活用しやすい内容のパンフレットを作成したい。簡便に活用できるチェックシートは、今後検討したい。

避難所に車いす補助装置を

質問

車いすの方の速やかな避難は困難である。脱着型けん引式車いす補助装置があれば、砂利道などでも容易に移動ができる。避難所に設置しては。

区長

避難所での活用について可能性を検討したい。

安全な防災広場を整備せよ

質問

旧第六中学校跡地に防災広場を整備すると聞く。
(1)施設と設備の内容は。
(2)周辺道路や橋も整備し、地域の災害時の安全を確保すべきでは。

区長

(1)防災資材等備蓄倉庫と防災会資材倉庫を設置、照明灯、立ち上げ水栓なども設置予定である。
(2)周辺道路の拡幅整備や橋梁(きょうりょう)の新設などについて都と協議している。