議会報告
平成27年 第1回定例会一般質問

木村 広一議員

放課後子ども総合プランの実施で区民のニーズに応えよ

質問

子どもが小学校に入学すると放課後の預かり先が見つからない「小1の壁」問題に対し、国は放課後児童クラブの拡充などを盛り込んだ「放課後子ども総合プラン」を全国の自治体に通知した。区はプラン実施をどう考えるのか。

区長

プランでは学校施設を活用し、共働き家庭などの児童の生活の場と、すべての児童の放課後の多様な活動の場を確保するとし、区では小学校内にキッズ・プラザを整備し、地域・学校・行政が連携して、学習やスポーツ、交流などの活動を行っている。

仕事と子育て・介護の両立支援の強化を

質問

区ではこれまでも区内事業者のワークライフバランスへの取り組みの紹介など、情報提供による啓発を実施してきたが、さらに「ワークライフバランス推進企業認定制度」など具体的支援を実施しては。

区長

男女共同参画の推進に有効な手段であり、他区の事例を参考に、中野に合った取り組みを検討していく。

防犯パトロール団体の表彰を

質問

長期間にわたり、区内の安全・安心に尽力している団体に対し、感謝状などにより表彰し、敬意を表するべきでは。

区長

今後は、中野区表彰条例及び中野区表彰基準に基づき、表彰を行っていくよう検討していきたい。

都市観光の推進に取り組め

質問

(1)外国人観光客が回遊しやすいよう外国語の観光サービスを導入しては。
(2)南部や中野坂上地域の活性化になる区内地下鉄各駅への無料公衆無線LANの拡充を、都や東京メトロに働きかけるべきでは。

区長

(1)都や他の自治体の事例を勘案しつつ、外国人の観光振興の取り組みの中で検討していきたい。
(2)区のグローバル化推進のため、都及び東京メトロに要望していく。

神田川の橋梁(きょうりょう)架け替え後の周辺道路の安全対策を進めよ

質問

神田川の護岸工事に伴う橋梁の架け替えで、橋げたが高くなり、すり付け部分の勾配(こうばい)がきつくなり危険との声が上がっている。今後、千代田橋、柳橋と架け替えが続くが勾配の緩和策や安全対策はどうか。

区長

接続道路とのすり付け区間を長くとるなど、勾配の緩和措置について都と調整していく。また、状況に応じて必要な安全確保のための方策を講じていきたい。