議会報告
平成27年 第2回定例会 一般質問

木村 広一 議員

保育士の確保と居宅訪問型保育事業を進めよ

質問

  1. 都の補助制度を活用し、保育士確保に苦慮している新設園を始め既存園への支援を行い、保育士確保を推進すべきでは。
  2. 障害児対象の在宅訪問保育事業の準備状況は。

区長

  1. ハローワークと共催の就職説明会を増やすなど、あらゆる機会を通じて保育士の確保を進めていきたい。
  2. 事業者とヒアリングを行うなど検討を行っている。

高齢者施策を推進せよ

質問

  1. 中野区版介護予防手帳を導入してはどうか。
  2. 高齢者施設のトイレの洋式化を進めるべきではないか。

区長

  1. 今後考えていきたい。
  2. 引き続き洋式化に取り組んでいきたい。

中小規模公園を整備せよ

質問

  1. 球技ができるネットフェンスを中小規模の既存公園に整備すべきでは。
  2. 中野区ペットとの共生を考える懇談会から提言があったが、既存の中小規模公園でも犬の同行入園ができる整備を検討しては。

区長

  1. 公園の再整備の中で検討していきたい。
  2. 提言の趣旨を踏まえ同行入園等環境整備のあり方を検討する。

医療費適正化に向けた計画を策定せよ

質問

国は、全ての健康保険組合が平成27年度からデータヘルス計画を実施するよう支援するとしているが、区として医療費適正化に向けた計画を策定すべきでは。

区長

中野区第二期特定健康診査等実施計画などとの整合性を図るとともに、健診データや医療情報などを踏まえつつ策定を進めていきたい。

教育の課題について問う

質問

  1. 今年度よりスタートした「学習支援事業」に定員を超える応募があり、利用できなかったとの声を聞くが、事業を拡充すべきではないか。
  2. 性同一性障害にかかる児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について、学校での支援体制をどう推進するのか。

区長

  1. より効果的な支援が行えるよう拡充を含め検討していきたい。

答弁

  1. 組織的な相談体制やサポート体制の整備が重要であり、専門的医療機関等についての情報提供に努める。