議会報告
平成27年 第4回定例会 一般質問

小林 ぜんいち 議員

海外の観光客を受け入れる「民泊」を誘導せよ

質問

海外からの観光客を受け入れるため、国家戦略特区における滞在施設の旅館業法の適用除外、いわゆる「民泊」を活用する自治体が出てきている。区も「民泊」を誘導できないか。

区長

海外からの誘客や滞在期間の延伸、消費拡大が期待されることから、活用について検討している。

中野駅南口地区の新たなまちづくりを

質問

「中野駅南口地区まちづくり方針」では、駅前商店街を中心としたB地区について、地元商店街や町会の意向を把握し、調整した上で、街並み誘導型地区計画の策定など、新たなまちづくりを行うべきと考えるが、どうか。

区長

今後、権利者の意向を踏まえつつ、提案のような計画なども含め地区整備計画を検討していきたい。

子育て支援施設などの充実を

質問

  1. 中野駅南口の東京都住宅供給公社中野住宅の建て替えにおいては、他区に例のない特色ある子育て支援施設などを併設できるよう要望しては。
  2. 子育て支援の充実とともに相手のニーズに対応したきめ細やかな支援ができるよう、区役所の子ども総合相談窓口に「子育てコンシェルジュ」を配置してはどうか。

区長

  1. どのような施設を誘導していくべきか、子育て支援施設を含め検討を行い要望していきたい。
  2. 保育や子育てサービスなどに精通した職員を「子育てコンシェルジュ」として配置し、これまで以上にきめ細やかな相談や情報提供などの対応を行っていきたい。

スタンドパイプを拡充せよ

質問

  1. 大型消火器は重量が重く、使用機会も少ないため、代わりスタンドパイプの配備を充実させてはどうか。
  2. 全防災会にスタンドパイプを配備したことから、今後スタンドパイプを使用した訓練を各防災会で気軽にできるよう、訓練の促進を図っていくべきでは。

区長

  1. 大型消火器は原則廃止とし、補完手段としてスタンドパイプや街頭消火器を拡充していく。
  2. 防災会連絡会や避難所運営会議などの機会を捉(とら)え、さらなる周知と訓練の促進を図っていく。