議会報告
平成28年 第4回定例会 一般質問

平山 英明 議員

中野駅にホームドア設置を

質問

中野駅には、内方線付き点状ブロックが全てのホームに整備されているが、ホームドアの設置がない。中野駅周辺地区再整備による駅利用者増を考えると設置は必須である。総武線・東西線ではホームドア対応車両の導入が進んでいる。中野駅1・2番線、3~5番線について、ホームドアの早期設置を改めて求めるとともに、全てのホームにホームドアを設置する時期を区として、明確に定め、JRとの協議を行うべきでは。

区長

中野区バリアフリー基本構想における転落防止対策を進め、JR東日本に対し全てのホームについて、ホームドア設置の実現に向けた要望及び協議を進めたい。

スポーツ・健康づくり推進を問う

質問

  1. 施設使用料算出に用いられている性質別負担割合では、スポーツ施設は70%となっている。オリンピック・パラリンピックに向けた機運醸成を図るために、次の使用料見直し時期である30年度から当分の間、50%に引き下げては。
  2. 閉校となった学校で区民の利用可能な体育館がない中、北部圏域において一定期間地域の運動施設が失われている。北部スポーツ・コミュニティプラザ開設までの間、北部圏域での屋内運動施設の確保を検討すべきでは。

区長

  1. 東京大会の開催を契機としたスポーツの機運醸成のために、3年に一度の料金改定の中で検討していきたい。
  2. 全区的な施設活用のあり方を整理しながら、対応方法について今後検討していきたい。

児童・生徒の安全対策を問う

質問

区内の通学路は多くの生活道路が含まれている。「中野区通学路交通安全推進連絡会」において、学校区ごとのゾーン30(住宅地域等をゾーンとして区域設定し、その区域の抜け道利用や自動車の走行速度を30キロに制限することで、歩行者等の安全を確保すること)活用の可能性について協議を行うべきでは。

区長

連絡会では、通学路の合同点検や点検後の対策の検討・実施、効果の把握・改善などを行っているが、併せて提案の協議も必要に応じ、行っていきたいと考えている。