中野区公明党議員団

中野江古田病院の感染拡大に関する緊急要望(4月15日更新)

2020年4月15日

東京都知事へ緊急要望を提出しました

新型コロナウイルス感染者が多数出ている中野江古田病院への対応について、小池東京都知事宛てに緊急要望を提出しました。

中野江古田病院の感染拡大に関する緊急要望

新型コロナウイルスの感染が都内で拡大しているなか、4月12日、中野区にある中野江古田病院の患者や病院スタッフ合わせて87人の感染が判明した(現時点では94人)。この日に発表された都内の新たな感染者の約半数にも上る状況であり、感染経路を含めた実態を把握するとともに、病院内での感染拡大防止対策や、入院患者への適切な医療の確保を図っていく必要がある。
 よって以下の項目を、要望する。

① 医療従事者への感染拡大により入院患者への医療提供体制が深刻な状況となっている江古田病院に対して、東京都として専門の医療チームの派遣により適切な医療体制の確保を図るとこと。

② 感染経路の調査とともに、入院患者・医療スタッフ以外の通院者・退院者・家族など濃厚接触の可能性がある関係者について調査、検査を進めること。

③ 感染防止のため入院患者の院内での適切な隔離や、必要な転院先の確保等について都として積極的に支援を行うこと。

④ 患者の行き来のある介護施設についても感染が拡大しないよう必要な調査を行うこと。感染拡大により介護サービスに影響が出るような場合には、中野区と連携し、サービスの受け皿確保を図ること。

⑤ 外来かかりつけ患者が必要な治療を速やかに受けられるよう支援体制を更に強化すること。

⑥ 病院職員、 関係者や家族、また病院周辺にて、ご商売を営んでいる方などに対する風評被害がおきることのないよう、中野区と連携して正確な情報提供を行うこと。

⑦ 感染者の急激な増加に対応するため中野保健所の態勢を強化する人的な支援措置を図ること。

⑧ 医療従事者への防護服やゴーグル、サージカルマスクやグローブなどの配備を支援すること。